ワークライフバランスを重視して転職しました。

妻も私に冷たくなりました

店長になって、年収が上がったことを喜んでくれた妻も私に冷たくなりました。
もっと家庭を大事にしてと泣きながら言ったことがありました。
これではいけないと思い、ワークライフバランスを考えることにしました。
ドラッグストアで働き始めてから私は仕事ばかり力を注いで、家庭の生活をおろそかにしていたことに気付くようになりました。
仕事に100%近く注いでいた力を、家庭にも向けるようにしようと思いました。
ワークとライフのバランスを70%と30%ぐらいにしようと思ったのです。
ドラッグストアは忙しいことが分かったので、他の求人を探すことにしました。
ドラッグストアで働いていても、調剤はずっとやっていたので、普通の薬局に勤めても大丈夫という自信を持っていました。
最初はこれまで働いたことのない病院の薬局の仕事を探しました。
それでも病院の仕事は忙しいものが多くて、家庭の生活を重視するのには向いていないことが分かりました。
残業がある仕事が多いのです。

調剤薬局からドラッグストアに転職して年収アップ | 薬剤師としての仕事以外が多く、残業ばかりでした | 妻も私に冷たくなりました | ワークライフバランスを重視して管理薬剤師に転職しました